働きやすく人気科目の眼科を選ぶ

大阪の眼科の求人について

 

求人によりさまざまな違いが出てくる点が、『眼科』という分野の特徴なのかもしれません。
ただ、共通しているのは、比較的働きやすい診療科目であることでしょう。

まず、大阪では眼科医の不足は深刻ではないものの、しかし、十分に足りているとも言えません。
特に人材確保を求めているのは大阪市です。
やはり病院数が多いことと人口が多いことが最大の理由でしょう。

大阪の眼科医求人案件は、病院はもちろん、クリニック、そして製薬企業の求人もしばしば見られます。
病院からの募集の場合には、外来や検査以外にも手術を任されることがあるため、ここに焦点を当てキャリアアップを目指す医師にとっては、選ぶべき価値が高まってくるはずです。

一方、クリニックでは外来と検査がほとんどであり、コンタクト外来に限定した募集もあります。
もちろん、クリニックでも手術が行える医師を募集していることはあるので、その辺りは個別の求人をしっかりとチェックし把握していかなければいけません。

クリニックは残業がほぼなく当直もまずないため、かなり働きやすいと感じられる案件が多いでしょう。
病院はそれぞれ勤務体制が異なるので、ここも事前に確認する必要があります。
眼科医であっても当直のある病院は存在しますから、思い込みで応募することは避けておきましょう。

大阪の眼科の平均年収

 

開業医の中で最も利益を出しやすいと言われているのが、眼科です。
つまり、眼科医の年収は非常に高い傾向があるのです。
もちろんこれは開業医に限った話であり、病院などで勤務する場合には他の診療科目と同様か、あるいは少し高い程度でしょう。

大阪の眼科医の年収を平均化すると、1,200万円から1,300万円ほどとなるのではないでしょうか。
職務内容を勘案しながら判断する必要がありますが、さほど低いとは言えないはずです。
もちろん、経験や年齢によってこの額は変わってきますし、病院かクリニックかでも変化するため、あくまでも大体の目安として捉えておくべきでしょう。

将来眼科を標榜するクリニックを開業することを念頭に転職する医師も少なくありません。
現在別の診療科目で働いているのであれば、眼科への転科は早ければ早いほど、キャリアを充実したものにすることができるはずです。

手術の技術を身につけることは簡単ではありませんが、外来に対応できる検査の知識及び技術は他の科目から移ってきても習得は可能なため、年収を早めに上げることを考えても、転職活動のスタートはあまり先延ばしにしない方がいいでしょう。