自分らしく働きたい方必見!働きやすそうな科は皮膚科

大阪の皮膚科の求人について

大阪府内で募集している『皮膚科』の求人は、その多くがクリニックからのものです。
敢えて「女性医師歓迎」と掲げているクリニックも少なくないので、女性としては探しやすく応募しやすい分野となるでしょう。

大阪府の皮膚科の医師数は現在足りない状況ではあるものの、それほど深刻なものでもありません。
求人数そのものは数十件程度に留まるかもしれませんが、常にこの程度の数の求人があることを考えれば、やはりニーズはそれなりに存在していると考えられます。

求人の内容としては、常勤はもちろんのこと非常勤での募集も多々見つけることができ、女性にとっては選びやすい状況となっています。
特に自分らしく働きたい、家庭との両立を目指したいと考える女性医師にとって、この傾向は心強いものとなるのではないでしょうか。

職務内容で多いのは、当然外来への対応。
ここも、皮膚科が人気となっている理由の一つ。

ただ、クリニックであっても一部在宅医療や手術が行える医師の募集も見つけることが可能です。
病院では外来の他に病棟管理が職務の一つとなっているところもあり、こうした点に着目して求人の選別や絞り込みを行うのもいいかもしれません。

皮膚科は非公開求人も多数あると言われています。
各エージェントやキャリアコンサルタントに相談することで、これらを紹介してもらうことが可能となりますし、より条件の良い案件と出会えるでしょう。

大阪の皮膚科の平均年収

皮膚科は、上でも触れたように病院からの医師求人も出ていますが、その大半はクリニックからのものとなっています。
クリニックで働く医師は病院の勤務医と比較しても年収が高めに設定されていることが多いため、皮膚科の平均年収も他の診療科目と比較すると若干多くなるでしょう。

大阪の皮膚科医の平均年収は、大体1,400万円から1,500万円といったところとなるのではないでしょうか。
これは医師の平均年収額と比べて300万円から400万円ほど多い額となっており、ここからも皮膚科医の給与の高さがうかがえます。

皮膚科医師は、大阪を含む関西圏では1,400万円以上の年収を受け取っている人が半分以上いるというデータもあります。
2,000万円を超える医師は他のエリアと比べて少ないとは言われていますが、十分な待遇が受けられることは間違いありません。

クリニック系であれば、一般皮膚科の求人であっても最低ライン1,200万円ほどの設定となっているものが大半でしょう。
それ以下の求人もあるものの、少数に止まっています。

専門的な知識及び技術が必要ではありますが、しかし、産婦人科や外科系などと比較すれば外来対応も多く知識等が取得しやすいこともあり、他の分野から皮膚科へと転科する医師も少なくありません。
女性医師であれば、そのようなキャリアの転換で年収アップ等を考えることもできるのではないでしょうか。