女性医師必見!転科するなら放射線科

大阪の放射線科の求人について


イメージ参照元:https://www.kawasaki-hospital-kobe.or.jp/guide/floormap.html

放射線診療の分野は日進月歩であり、日に日に新しい技術が取り入れられています。
この分野で働く医師には、すでに定着している技術のみならず、これから発見・発展、あるいは進化するであろう技術を貪欲に取り込む努力が求められます。

『放射線科』は、比較的女性医師の割合が多い分野と言えるでしょう。
他の診療科目と同様に少しずつ増加傾向が見られますが、その中でも女性の活躍が早くから目立ってきている分野です。
これには様々な理由が考えられますが、読影や健診などが業務の中心であり、体力的な部分よりも知識やきめ細やかさなどが求められる領域だからかもしれません。
まさに、女性のような繊細さを持ち合わせた医師にうってつけの科目なのです。

放射線科はどの都道府県も充足している現状には至っていません。
特に最新医療技術の集まる大阪のような大きな都市ではこの分野の医師不足が非常に顕著であり、そのため、求人情報も減ることがほぼない状態です。
放射線科の求人の特徴は、非公開求人が多い点と、若い医師も好まれる点が挙げられるでしょう。
そのため、求人サイトのみの情報を頼りにしてしまっては有益な情報も得られませんし、そもそも多くの求人情報に触れることができないはずです。

もし放射線科の求人に興味を持たれているのであれば、積極的にキャリアコンサルタントにコンタクトをし、濃密な情報を得なければいけません。
また、経験が浅くても転科先として魅力的な放射線科ではありますが、これも医療機関によって受け入れ態勢や指導・育成体制が異なってくるため、入念なリサーチを試みてから応募することを心がけましょう。

大阪の放射線科の平均年収

放射線科の医師の年収は地域差が大きいようです。
北海道や東北では半分以上の医師が2,000万円を超えているにもかかわらず、関西圏では2,000万円を超える放射線科医はほとんどいない現状です。
しかし、60%以上が1,400万円以上の年収を受け取っている点を見れば、決して恵まれていないとも言えないでしょう。

大阪の放射線科の平均年収を総合的に考えると、1,000万円前後となるのではないでしょうか。
関西圏は1,000万円以下の年収の医師も4割ほどはいるため、平均額を算出するとどうしても低くなってしまうのです。

ただ、医師不足が顕著な分野であることから、経験豊富な医師であれば、転職後すぐに1,500万円を超えることも不可能ではありません。
実際に2,000万円前後の年収額を提示している医療機関もあり、数は多くないもののクリニックでの募集であれば、2,000万円オーバーの年収を受け取れる可能性も十分にあるでしょう。

知識の吸収が非常に重要な分野ですから、転職・転科するのであれば早めの決断をお勧めします。
それが将来のキャリアや年収アップに寄与することは間違いありません。